頬骨削りをする場合の特徴

頬骨削りの施術方法とは?

次に、施術方法はどのようになるかが問題になります。
基本的に顔を小さくするだけならばわざわざ骨を削る必要はありません。
例えばエラが張っている場合には顔が大きく見える可能性があります。
このような場合、これを削るやり方が一般的でしたが、実は筋肉によりエラが発達してしまっている可能性も少なくありません。
そのように考えると、ボトックス注射を打ったほうが結果的に顔を小さくできる可能性は否定できないでしょう。
そうだとすれば、まず骨を削る前にどちらが良いのか医者に尋ねる必要があります。
もし筋肉を小さくすることにより解決できるならば、料金が安いボトックス注射をした方が良いでしょう。
ですが、頬骨を削らなければなかなか理想の顔にすることができない場合には、骨を削ることになります。
施術の中身は、まずカウンセリングを行いその日どのような施術をするかを説明していきます。
これにより、もしわからないことがあれば病院のほうに質問してみても良いでしょう。
大抵カウンセリングをしてくれる人が施術を行いますので、その人に質問をすれば大抵何でも答えてくれます。
また、不安な点以外にも自分で要望がある場合はそれを直接伝えるのも1つの方法です。
そうすることにより、より理想的な顔に仕上がる可能性が高くなるでしょう。
カウンセリングが終わった後は、部分麻酔を行いそれを削る作業になります。
一昔前は、これをするだけでもかなり高度な技術が必要でしたが、最近は骨削りの方法も確立されているためそれほど困難ではありません。
そのため、大抵の場合1時間程度で終わることがほとんどになります。
痛みに関しては、注射をする時も多少痛みが伴う程度ですが普段からインフルエンザの注射などをしている場合はそれと同じ位の痛みと考えても良いかもしれません。
ただ最近は、注射針の先が細くなっているものも多く、可能な限り痛みが伴わないような工夫をしていることを知っておくと良いです。
施術が終わった後は、しばらく傷口が目立ちますのでそこのところを塞いでおく必要があります。
つまり、次の日から日常生活を送るためにはマスクなどをして隠しておくわなければいけません。
また、それでも目立つと考える場合にはあらかじめ有給休暇などを取っておきましょう。
ダウンタイムのどれぐらいになるかは人によって異なりますが、おおむね2週間ぐらいは考えておいた方が良いです。
お風呂などは、すぐに入ることができませんが翌日ぐらいからシャワーを浴びることが可能になります。

頬骨削りをする前に頬骨削りの費用はどのくらいなのか頬骨削りの施術方法とは?